輪郭形成施術で理想の小顔になれました

鬼瓦とあだ名を付けられて揶揄われました

輪郭形成 : いわきタウン形成外科クリニック

鬼瓦とあだ名を付けられて揶揄われました小顔手術の術前と術後の変身広告を見た自然な小顔に輪郭形成できました

小学生高学年ぐらいまで太っていてぽっちゃり体型だったので、顔に脂肪がついていて風船のような丸顔でした。
中学生になって思春期に入り周りの男子の視線を意識するようになって、男子にモテる可愛い女子になろうと思ってダイエットを始めて頑張って痩せました。
痩せたら小顔になれるはずでしたが、顎の骨格が発達していたため、風船のような丸顔がエラが目立つごっつい男性のような顔になって、男子から鬼瓦とあだ名を付けられて揶揄われました。
自分でもごっつい顔を毎日鏡で見ているうちに、どんどん自信を失って行き顎を隠すマスクを着けないと恥ずかしくて外出もできなくなり性格も暗くなりました。
中学生の時に何人も気になる男子がいましたが、自分のエラが張ったごっつい顔のせいで自信が出来ずに告白できずに恋を諦めてきました。
流石にこのまま、恋愛しないで一生を終えるのは寂しいと考えて、大きな顔を小顔に見せるメイクをコスメサイトで注文して試したり、小顔を作るパックや、小顔を作るコロコロローラー器具や、小顔矯正バンドを付けたり色々試しました。
その中で唯一効果があったのは小顔に見せるメイクで、そのおかげで高校2年生の時に彼氏が出来ましたが、彼とのデートの別れ際に彼が初キスしようとした時に恐れていた事が起きました。

この子の顔が1番好きで理想的だけど、現実的ではないから目指そうとは思わない、、
こうなるためにはまず輪郭形成と目の全切開に鼻の形成しなきゃだわ顔面大工事やわ
輪郭なんか削りまくりだわ、、 pic.twitter.com/FhReydXKRt

— 🐬 (@sonitan_note) 2018年2月5日